肌トラブルに悩まされた私が美肌を手にし、その美肌を保つ洗顔法

中学時代から肌トラブルに悩まされていました。

思春期だったこともありニキビがたくさんでき、またニキビが気になりすぎて最終的にはつぶしてしまうという悪循環をたどっていました。

そんな私を見かねた母が、友人で美容用品を扱っている方の自宅に連れて行ってくれたのです。私はそこで簡単にできる洗顔法を教えてもらいました。

いつからでも実行できる、いくつかの簡単な方法で、私は中学から肌トラブルを起こさずに友人からも肌がきれいだねと言われ続けています。

実行している方法は本当に簡単です。

まず、市販の洗顔フォームで必ず泡だてネットを使うこと。泡立てた泡を何度か手で空気を入れるようにこねる。

この作業で泡を固くし、肌にのせたときに泡がへたらないようにします。

泡を顔にのせていくのですが、直接肌を触りながら洗顔するのはNGです。肌と泡の間には2~3ミリ空間を作り30秒ほどくるくると肌を泡の上から撫でます。このとき、顔だけでなく、もし首回りが気になる場合は首回りも同様に洗うと首回りの汚れがとれ、きれいになります。

あとは泡を手でなぞって手についた泡だけを洗い流し、そのあとに直接シャワーを顔に当てて流さずに手でかけ流すように泡を取り除くだけです。この時優しく下から上にぬるま湯をかけ流しましょう。もしくは水・ぬるま湯を交互に流すとさらに美肌に近づきます。

今すぐ実践できる、この簡単な方法で肌トラブルがない綺麗な美肌を保つことができるのです。

よく読まれてるサイト>>>>>シミトリーの口コミがよくわかるサイト

手間とコストをかけずに毎日続けるスキンケア

スキンケアで気を付けている事は、毎日続ける事です。

ダイエットでもお稽古事でも、コツコツ続ける事がいいように、スキンケアも続ける事が大切だと思います。

毎日続けるコツとして実践していることは「手間をかけない」「コストをかけない」です。

面倒な作業があると、それだけで続きません。

また、スキンケア商品のコストが高いとお金が続きません。

そこで、手間とコストをかけずにケアすると言うことが大事になってきます。

高価な化粧水も美容液も使いません。

使用するのは、肌の弱い人でも使えるスプレー式タイプの化粧水1本です。

ぬるま湯で洗顔したあとに、顔全体に化粧水を吹きかけます。

両手で顔を優しく包み込むように、軽く押さえ肌に馴染ませます。

これを数回繰り返します。

これで終わりです。

ポイントは、洗顔や化粧水を肌に馴染ませる際に、肌に負担をかけない事です。

負担をかけないとは、肌に摩擦を与えない事です。

手やコットンで、パッティングはしません。

もちろん、洗顔の際も顔をゴシゴシこすったり、タオルで顔を拭くときもこすりません。

肌への摩擦の負担を減らすだけでも、お肌の調子は随分違います。

あとは、顔周りの血行を良くすることがおススメです。

こちらも、エステにいったり、美顔器を使うことはしません。

メイクをする前に、両耳たぶを指で軽くつまみ、前後に各10回ほど回します。

お風呂に入った時には、シャワーで首筋を温めながら、軽く手で首筋を上から下へとマッサージします。

とても単純な作業ですが、これが意外と効果があります。

血行が良くなることで、血色がよくなり肌が明るく見え化粧ノリも良くなります。

これが私の、簡単でコストのかからない、毎日続けることが出来るスキンケアです。
あわせて読むとおすすめ⇒HADARI(はだり)の口コミと評判は?