シミのタイプでコンシーラーを使い分ける

シミを消すためには、シミ取りクリームなどを使って消します。ですが、完全に消えなかったり、消えるまですごく時間がかかってしまいます。

なのでシミが消えるまでは、メイクでシミを隠すしかありません。

メイクでシミを隠す時にまず最初に気を付けないといけないことは、ファンデーション選びです。シミを隠すためには、カバー力の高いファンデーションを使います。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションがカバー力が高いのでオススメです。

ファンデーションの次に、シミがある所をコンシーラーで隠します。シミを隠すためのコンシーラーは、基本的に自分の肌の色より少し暗めの色が良いです。

そしてシミの濃さや範囲で、コンシーラーを使い分けることがオススメです。

濃いシミが広範囲にある時は、クリームタイプのコンシーラーを使います。濃いシミでもポイントのみの時は、スティックタイプのコンシーラーを使います。

一番隠せるのはペンシルタイプのコンシーラーですが、保湿力が全くなく、乾燥してしまうのであまりオススメしません。

薄いシミで広範囲の場合は、先端が筆になっているリキッドタイプのコンシーラーで充分隠すことが出来ます。ポイントで隠したい時は、先端がチップになっているリキッドタイプのコンシーラーが良いです。

コンシーラーの後に、パウダーで抑えるとヨレにくくなります。

どんなコンシーラーを使っても、肌に馴染ませることが綺麗にシミを隠すためには一番大切です。

あわせて読むとおすすめ>>>>>シズカゲルの口コミ 公式サイトでお得に購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です